Facebook

SNSで共有

〈NHK籾井会長の暴言〉歪んだ歴史認識、戦争への地ならしか

NHKの籾井勝人会長が「従軍慰安婦」問題について、「戦争地域ではどの国にもあった」、「日本だけが強制連行したみたいなことを言っている」、靖国問題について「昔の人は戦争に行く時『死んで靖国に帰る』と言って送り出した」などと発言した。こうした一連の暴言について、安倍首相と菅官房長官は「何の問題もない」と正当化した。また、昨年5月、旧日本軍性奴隷制をめぐって「強制性を示す証拠はない」と主張、内外から激しい非難を浴びた橋下徹・大阪市長(日本維新の会共同代表)も、「まさに正論」だと援護射撃。まさしく一斉に吹き出したかのような政治家、メディアトップの妄言の背景には、安倍政権のゆがんだ歴史認識と深刻な人権感覚の欠如があり、国際社会から怒りと失望の声があがっている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)