Facebook

SNSで共有

在日本朝鮮人登山協会、健脚組17人が白馬岳登頂

白馬岳山頂(2932㍍)で

白馬岳山頂(2932メートル)で

第19回在日同胞大登山大会(9月29日~30日)に先立ち、28、29日にかけて、群馬同胞登山協会の金載英会長(在日本朝鮮人登山協会会長)ら3人、北海道同胞登山協会の李清貴会長ら5人、東京同胞山友会の李英銖会長ら3人、愛知の若手同胞登山会「サンサモ」の安徳守代表ら6人、総勢17人の健脚組が白馬岳を登頂した。

一行は28日午前7時に猿倉荘(標高1230メートル)を出発。普段から各地の山々でこの日のために訓練を積んできた一行なだけに、標高差1600メートルの道程を忍耐強く登った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)