Facebook

SNSで共有

〈インターハイ・ボクシング〉準決勝/大阪・李健太選手が5冠に王手

「全国高等学校総合体育大会」(インターハイ)のボクシング競技5 日目には、決勝戦への切符をかけ大阪朝高の2選手が出場した。王者の風格を漂わせる李健太選手(ライト級)が判定勝利を収め、決勝戦に進出した。鄭真選手(ミドル級)は惜敗し、3位となった。

大阪・李健太選手(赤)

大阪・李健太選手(赤)

佐賀や福岡の同胞、大阪から駆けつけた大阪朝高ボクシング部員や学父母たちが声援をおくる中、大阪朝高の2選手は気迫あふれるボクシングをみせつけた。

1回戦から3試合連続でTKO勝ちし、高校ボクシング5冠にむけて邁進する李健太選手(ライト級、大阪朝高)は、札幌工業高校定時制(北海道)の阿部龍征選手と対戦した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)