Facebook

SNSで共有

〈インターハイ・ボクシング〉2回戦/大阪、神戸の4選手がベスト16入り

大阪・李健太選手(赤)

大阪・李健太選手(赤)

佐賀県で行われている全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のボクシング競技が2日目を迎えた。3日の試合には、大阪、神戸の5選手が出場。4選手が2回戦を突破しベスト16に駒を進めた。

金人済選手(ライトフライ級、神戸朝高)は、作陽高校(広島)の竹原毅選手と対戦し、1Rから闘志むき出しのボクシングを展開した。金選手は、相手の攻撃に対してガードを高く上げ対処すると、距離を詰めて右アッパー、左フックでたたみかけた。2Rは相手選手が攻勢に転じ、金選手もパンチの振りが大きくなると、徐々にスタミナを消耗し苦戦。しかし、3Rは相手のふところに潜り込んでの右アッパー、ボディーブローを駆使した連打で接近戦を制した。結果、3-0(30-27、29-28、30-26)で判定勝ちした。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)