Facebook

SNSで共有

〈女子東アジアカップ決勝大会〉朝鮮が優勝、最終戦で勝利

〈女子東アジアカップ決勝大会〉朝鮮が優勝、最終戦で勝利

優勝決定後、記念撮影する朝鮮女子代表(写真提供=在日本朝鮮人蹴球協会)

EAFF女子東アジアカップ2013決勝大会最終戦(27日、ソウル)で、朝鮮女子代表(世界ランキング9位)は、中国(同17位)に1-0で勝利。日本(同3位)が南朝鮮(同16位)に敗れたため、朝鮮の優勝が決まった。

朝鮮は試合開始直後、左からのコーナーキックにリ・ウンヒャン選手(鴨緑江体育団)が頭で合わせ先制。最後まで果敢に攻め、リードを守りきった。

2勝1分で勝ち点を7に伸ばした朝鮮に対し、勝てば優勝の日本は南朝鮮に1-2で敗れた。結果、日本の勝ち点は4に留まり、朝鮮の優勝が決まった。

朝鮮は同大会初優勝。祖国解放戦争勝利60周年に花を添えた。

(朝鮮新報)