Facebook

SNSで共有

〈第35回コッソンイ〉中級部1年・作文部門 1等作品「高価な贈り物」

九州朝鮮中高級学校 中級部1年 余知香

「起きてー、時間よー!」

うちの目覚まし時計であるオモニの怒鳴り声が2階にまで響き渡る。

重いまぶたをこじ開けて、時計を確認すると5時30分。

(しまった、もうこんな時間か)

私の兄妹は兄と姉そして私。

私たち3人は朝食をとるのもあわただしく、オモニが運転する車に乗って駅まで出るのが日課となっている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)