Facebook

SNSで共有

迎春公演向け練習に拍車/在日朝鮮学生少年芸術団

笑顔と共に日々成長

【平壌発=鄭茂憲】旧正月(今年は2月10日)に開催される「学生青年たちの迎春公演」(「ソルマジ公演」)に出演する在日朝鮮学生少年芸術団(団長=崔寅泰・茨城朝鮮初中高級学校校長)が練習に拍車をかけている。日本各地の朝鮮学校から選抜された初級部5年生から高級部2年生までの118人の児童・生徒と教員らで構成された芸術団は10日に空路、平壌入り。12日から本格的な練習を開始した。児童・生徒たちは迎春公演を最高の舞台にすべく、専門家の指導のもとで日々成長している。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)