Facebook

SNSで共有

第29回「兵庫同胞囲碁大会」、県下の囲碁愛好家ら22人が参加

大会には、県下の囲碁愛好家22人が参加した。

兵庫県朝鮮人囲碁協会が主催する第29回「兵庫同胞囲碁大会」が12月9日、神戸市の新長田勤労市民センターで行われた。県下の囲碁愛好家22人が参加した。

大会開催を祝し、在日本朝鮮人囲碁協会の崔種楽会長、在日本朝鮮人兵庫県体育協会の黄泰益会長と在日本朝鮮人大阪府囲碁協会の役員らも参加した。

開会式では兵庫県囲碁協会の金忠一会長があいさつした。金会長は、神戸、西神戸、灘地域などで定期的に行われている囲碁大会について紹介し、「囲碁愛好家が日頃から磨いてきた技術をいかんなく発揮して、意義深い1日を過ごしてくれれば」と語った。

この日の対局は、段別に4つの部門に分かれて行われた。各部門優勝者には、賞金が送られた。

【兵庫体協】

大会成績

  • 1組=金河謙、2組=康義平、3組=三浦公高、4組=張志淳