Facebook

SNSで共有

〈本の紹介〉社協ブックレットNo.19

「羅先経済貿易地帯を行く」

在日本朝鮮社会科学者協会のブックレットNo.19が発刊された。

朝中合意によりインフラ開発が本格化した羅先経済貿易地帯の現状、法制度の内容、展望について、朝鮮大学校政治経済学部の洪忠一助教が解説した。また、朝鮮新報社記者の現地ルポが写真とともに掲載されている。

ブックレットNo.18「新たな段階を迎えた朝中経済協力」とあわせて読むと総合的な理解につながる。

問い合わせは社協中央(TEL03-3816-4335)まで。