Facebook

SNSで共有

〈私たちのうた〉遠い道/尹石重

息子が 眠るのを 見て 行こうと

アッパは 枕元に 座り

アッパが 行くのを 見て 眠ろうと

息子の おめめは ぱっちり

ユン・ソクチュン(1911~2003)

ソウルで生まれ1932年、上智大学神文学科を卒業。1924年「新少年」に童謡「春」が、1925年雑誌「オリニ」に童謡「オトゥギ」が当選した後、数多くの童謡を発表し、児童文学の先駆者として活躍した。

植民地末期である1940年代、徴用に発つある家庭の姿を描いた悲しい詩である。

(選訳・金真美)

朝鮮語原文