Facebook

SNSで共有

朝鮮外務省代弁人、「共同声明」糾弾

「目的は核独占の永久化」

朝鮮外務省スポークスマンは6日、2015年核拡散防止条約履行検討大会のための第1回準備会議に参加した国連安保理の各常任理事国が、朝鮮の人工衛星打ち上げを問題視し、核活動の中止と核抑止力の放棄を求める「共同声明」を発表したことで、朝鮮中央通信社記者の質問に答えた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)