Facebook

SNSで共有

胡錦濤総書記から祝電、金正恩第1書記推戴で

朝鮮労働党代表者会で金正恩最高司令官が朝鮮労働党第1書記に推戴されたことで11日、中国共産党中央委員会の胡錦濤総書記から祝電が寄せられた。

朝鮮中央通信によると祝電は、熱烈な祝賀を送るとし、「わたしたちは、朝鮮人民が金正日同志の遺訓を体し、朝鮮労働党の周りに固く団結して金正恩同志の指導のもとに社会主義強盛国家建設のために努力していることをうれしい気持ちで見ている」と指摘した。また、「伝統的な中朝友好を引き続き深化させ、各分野において実務的協力を拡大し、朝鮮半島と北東アジアの恒久的な平和と安定を共同で図ることにより、両党、両国の老世代指導者たちが自らもたらし、培った中朝関係を立派に固め、立派に建設し、立派に発展させるために朝鮮同志たちと手を取り合って努力するであろう」と指摘した。

(朝鮮新報)