Facebook

SNSで共有

朝鮮外務省代弁人談話、米国の2重基準を非難

朝鮮外務省スポークスマンは4月23日に談話を発表し、朝鮮の人工衛星打ち上げを「長距離ミサイル発射」と謗って、「糾弾」騒動を主導した米国が、「他国(インド)」の長距離ミサイル発射についてはかばう態度をとっていると非難した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)