Facebook

SNSで共有

警視庁公安部、総聯傘下団体など強制捜索 前代未聞、常軌逸した暴挙

不当な政治弾圧に同胞・活動家ら怒り

朝鮮出版会館の入口と歩道を封鎖した警官や機動隊に抗議する活動家、同胞たち

警視庁公安部は2月28日、「外為法違反(無承認輸出)の関係先」との口実で、在日本朝鮮人科学技術協会(科協)と在日本朝鮮人体育連合会(体連)を強制捜索した。警官や機動隊約250人と武装車両など24台を動員し、朝8時に両団体の事務所がある朝鮮出版会館の入口と前の歩道を4時間以上も封鎖し、会館内をくまなく捜索した。同時に、総聯東京・板橋支部と中外旅行社の事務所も強制捜索した。不当極まりない強制捜索に関係者は強く反発。同胞や活動家も悪質な政治弾圧に憤激している。(取材班)

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)