Facebook

SNSで共有

大阪朝高出身の朴泰一選手、日本王者に

「世界」への着実な一歩を

大阪朝鮮高級学校ボクシング部出身で、日本スーパーフライ級1位の朴泰一選手(26、千里馬神戸、リングネーム=帝里木下)が27日、東京の後楽園ホールで行われた日本同級タイトルマッチに臨み、2-1(97-95、95-96、96-95)の判定で王座奪取に成功した。朝高出身の同胞ボクサーとしては、金啓徳選手(1983年、ミドル級)、李冽理選手(2010年、フェザー級)に続く、史上3人目の日本王者だ。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)