Facebook

SNSで共有

2012/03/26

大阪府の松井知事は朝鮮初中級学校に対し補助金を支給しない方針を明らかにした。これに続き大阪市の橋下市長も「府の要件を準用すべき」として、市の11年度分の補助金を交付しないとした。朝鮮学校のあり方や在日同胞の心の問題、あげくには朝鮮学校生徒の祖国訪問をも口実にし、無理やりに補助金廃止に追い込んでいる

春夏秋冬▼メディアを巧みに利用し「敵」を作り上げ、それを自ら執ように攻撃するマッチポンプ式の手法は、観測衛星打ち上げを「ミサイル発射」と決めつけ攻撃するのと同じ、朝鮮バッシングの典型。踏み絵を踏ませるようなやり方で朝鮮学校を翻弄し、民族教育の自主権をじゅうりんするやり方に大きな反発が起きている

▼地方自治体と大阪朝鮮学園との交渉や議会の決定まで一言で覆してしまう暴挙。学園側は、「特定の報道機関や政治家の思惑に振り回されて、朝鮮学園のみに過度な要求をすること自体が、学園の自主性を踏みにじる由々しき事で、甚だ遺憾だ」と厳しく指摘した

▼民族教育を支援した祖国や指導者に対する恩義をどのような形で表現するのかは、学校や在日朝鮮人自らが決める問題だ。朝鮮学校と民族教育を誹ぼう中傷し、それらを踏み潰そうとしても、まったくの逆効果だ。朝鮮学校を支える同胞、日本市民のベクトルは変わらない。他者の「心」を土足で踏み込むマネは決して許せない。(天)