Facebook

SNSで共有

徐萬述議長死去、25日に朝鮮会館で葬儀

朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議の代議員であり労働英雄である総聯中央の徐萬述議長が、心不全のため19日午後7時5分、死去した。享年84歳。徐萬述議長の死去と関連して総聯中央常任委員会の訃告が20日に発表された。また、総聯中央常任委員会の決定が発表された。決定は、徐萬述議長の葬儀を在日本朝鮮人総聯合会葬として行い、葬儀委員会を許宗萬責任副議長を委員長とする71人で構成し、葬儀を25日午前11時から朝鮮会館で行うとした。葬儀委員会メンバーには、各副議長、各局長ら総聯中央常任委員会メンバーと、総聯傘下の各団体、事業体の責任者、16の総聯地方本部委員長などが名を連ねている。

故徐萬述議長の経歴

1927年4月14日、父ソ・ボンス氏と母ソン・グィビ氏の長男として、慶尚北道迎日郡東海面の貧しい農家の家庭に生まれた。小学校を卒業後、1941年に渡日。1945年に中学校を卒業した。その後、帰国準備のため山口県小野田に引っ越し、在日本朝鮮人聯盟(朝聯)小野田支部の結成を機に、1946年2月から朝聯山口県小野田支部青年部員として愛族愛国活動を始めた。

1946年4月から朝聯中央高等学院の第1期生として学び、1947年に在日朝鮮民主青年同盟山口県本部副委員長、1948年に民青広島県本部組織部長、1949年に朝聯広島県本部常任委員として活動した。

1955年5月25日の総聯結成後は、総聯広島県本部宣伝部長、組織部長、副委員長を経て、1968年に委員長に就任した。

そして1973年1月から総聯中央の組織局長、1979年6月から事務総局長、1983年6月から副議長兼事務総局長、1986年9月から副議長、1998年5月から第1副議長を歴任。2001年5月から現在まで、議長として総聯の愛族愛国活動の重責を担いながら、在日朝鮮人運動の強化、発展において多大な貢献をした。

1974年9月、建国26周年在日朝鮮人祝賀団団長として祖国の土を踏んだ。1990年4月、朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議代議員に選出された。金日成勲章(2回)、金日成主席の名前の刻まれた時計(2回)、共和国労働英雄称号、金日成主席の表彰状、金正日総書記の表彰状、祖国統一賞、国旗勲章第1級(6回)、労働勲章、共和国創建記念勲章、国旗勲章第3級などが授与された。また、金正恩最高司令官の配慮により、金正日総書記生誕70周年に際して制定された金正日勲章が授与された。

(朝鮮新報)