Facebook

SNSで共有

〈第34回在日朝鮮学生「コッソンイ」作文コンクールから〉中級部2年 作文部門 1等作品

私たちの校舎

「先に着替えていくね」

5時間目の終業チャイムが鳴ると、私は軽い足取りで更衣室に向かった。その日は中1最後の授業の日。しめくくりは、6時間目の家庭科の授業だった。お菓子作りをすることになっていたため、体操着に着替えた私は、食堂に向かって駆け出していった。

その時はまさか、この平穏な生活があっという間に崩れてしまうとは考えもしなかった。こんなことになると知っていたら、急いで校舎を出なかったのに…私は心からそう思った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)