Facebook

SNSで共有

2012/01/11

金正日総書記の逝去に際し、日本政府とメディアはこれまで以上に常軌を逸した行動をとっている。重大報道があった昨年12月19日、与党をはじめとする多くの政治家たちは、「体制の崩壊」「不測の事態」をうんぬんした。品性下劣というのはこんな様をいう。政府が弔意を表さないことを決めたことについて、メディアは「毅然とした対応」と賞賛した

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)