Facebook

SNSで共有

〈スニムのいい話 16〉トックッとソンピョン 2

16朝鮮ではチュソク(秋夕、旧暦の8月15日)にソンピョン(松餅)を食べます。豊穣を祝い先祖に感謝しお供えします。

ソンピョンは、その年に収穫された新米で作ります。水を加え練り上げてから、なかに豆や栗を入れて蒸します。松葉を入れて蒸したり飾ったりするのが特徴です。

チュソクは旧暦をもとにしています。旧暦は月の周期を基準に算定した暦で、一カ月は平均29.5日です。ちなみに今年は閏月の年で、5月が二度あり、一年が13カ月となります。

旧暦では毎月1日は新月、15日は満月です。8月15日は「十五夜お月様」とも言われますが、一年で一番まん丸く美しい満月。月光が一番明るいのもこの時です。

チュソクは正月とともに大切な日です。祭祀や先祖の墓参り、年長者へのあいさつを行います。先祖や両親を敬い感謝する日です。

(お話:尹碧巌・国平寺住職、イラスト:河美香・埼玉初中教員)

関連記事