Facebook

SNSで共有

〈朝鮮服飾ものがたり 82〉女鞋

82舞台服飾のひとつに属し種類も多い。

歌妓や舞妓が履いた。

「白皮鞋」という白い革で作ったものは處容舞に使い、「オビリ」は黒革で作り、つま先を尖らせ、高句麗の蓮花舞に使った。

ほかにも、花の刺繍を入れたもの、つま先に赤いサンモをつけたもの、「黒革鞋」と呼ばれる黒い革で作った靴などがある。

※女鞋:녀혜(ニョヘ)

(出展「李朝服飾図鑑」=朝鮮文学芸術総同盟出版社、1962年版より)

【「朝鮮服飾ものがたり」記事一覧はこちら】