Facebook

SNSで共有

〈朝鮮服飾ものがたり 74〉處容紗帽、トンリョン花冠

74處容紗帽(チョヨンサモ)は、處容舞を舞うときに處容仮面とともに使った。竹を組んで形を作った後、紙を貼って方位に合わせた色の花を描いた。帽子の上には牡丹の花と、桃の枝についた赤い桃を装飾した。

トンリョン花冠は舞童服飾のひとつで、舞童がかぶった花冠をさす。仮面の上には蓮の花が垂れ下がるように飾り、下には蓮の葉を垂らして飾った。

(出展「李朝服飾図鑑」=朝鮮文学芸術総同盟出版社、1962年版より)

【「朝鮮服飾ものがたり」記事一覧はこちら】