Facebook

SNSで共有

〈朝鮮史から民族を考える 20〉「植民地近代(性)」論の問題点(下)

植民地主義の本質とは何か

植民地主義の抜け落ちた近代批判

植民地朝鮮における「近代性」の存在を実証するのに急なあまり、「近代性」の上に形容詞としてついている「植民地」が副次的な意味合いしかもっていないように思える。「植民地」とは一体何なのかという点が抜け落ちているのである。植民地における「近代性」を過大に評価するならば、肝心の植民地と宗主国との歴史的差異が見えなくなってしまう。その差異は単に「近代性」の量的問題ではないはずだ。基本に立ちかえってみて、植民地主義の本質とは「近代性」にあるのではない。それはあくまでも宗主国総体の力による異民族支配にあり、したがって収奪・差別・抑圧、暴力関係がその基調をなすと見るべきだろう。植民地研究においては、「近代性」の浸透過程や主体形成の問題性を解き明かすこと以上に、それを内面化しえない人々の日常生活やその苦悶、抵抗の諸相などを復元する作業がより重視されるべきであろう。「植民地近代(性)」論は、経済史、政治史、民族運動史といった研究には、さほど関心がないためであろうか、それらの研究がかかえてきた問題意識との間で、必ずしも相互対話がうまくできていないようにも思われる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)