Facebook

SNSで共有

〈民族楽器のルーツをたどる・ウリナラの楽器 1〉伽倻琴(カヤグム)

「幅広い民族音楽」を実現

12弦の伽倻琴

12弦の伽倻琴

祖国-朝鮮から民族楽器が送られてきて早40余年が過ぎた。それが私たち在日同胞の民族楽器の歴史の始まりといえよう。小さな手に楽器の温もりを感じたのが昨日のようで、時の流れの速さを感じさせる。

私もこの歴史の中にいるのだ。古代シルクロードを通して個々の国に渡来した楽器は、自国の風土や特徴に合わせて発展し根づいてきた。そして民族の心が染みこみ奏でるたびに心がゆれるのであろう。

イギリスの歴史学者アーノルド.J.トインビー(1889~1975)は、過去に朝鮮は「歴史を恨む国」と、表現している。なぜなら度重なる外敵の侵略と、植民地時期、戦争と分断を体験したからだ。その歴史の中で生きつづけた人々は、侵略に抵抗する不屈の精神を身につけ、比類ない独特な文化と特異な精神を生みだし、精神文化への知識を深めたとも言っている。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)