Facebook

SNSで共有

〈同胞美術案内 6〉宋英玉/鏡の中で凍り付く魂描く

無残に引き裂かれた人物を象徴

「三面鏡」1976年 132x111(センチ)光州市立美術館

「三面鏡」1976年 132×111(センチ)光州市立美術館

古今東西の絵画作品には「鏡」が多く登場する。鏡の前で髪を結い上げる女性を描いた作品をはじめ、自画像の制作では鏡が用いられるだけでなく、しばしばその鏡自体がキャンバスに描かれることもある。さまざまな効果をもたらす「鏡」であるが、今回の作品「三面鏡」ではそれがどのように使われ、どのように表現されているのだろうか。そしてこの作品の前でなにを感じ取るべきなのであろうか。

画面下4分の1ほどを空け、大きな三面鏡が掛けられている。装飾ひとつない簡素な鏡。薄手の台が手前にせり出し、その下にうっすらと影ができる。鏡は画面左右いっぱいに描かれている。そのことによって、この鏡がどこにあるのかといった疑問をこの作品が投げかけることはない。この鏡が掛けられた場所やその壁が重要なのではなく、ここに鏡があること自体に意味があるのだ。描かれた鏡。鑑賞者はこの鏡に注目し、そこに映し出された対象を注視することとなる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)