Facebook

SNSで共有

〈同胞美術案内 5〉全和凰/体験者、目撃者としての責任感を絵に

「これから描きまくるよ、朝鮮の悲劇を」

「カンナニの埋葬」作者晩年作 259.0x181.8(センチ)所蔵先不詳

「カンナニの埋葬」作者晩年作 259.0×181.8(センチ)所蔵先不詳

画面上部から右半分に人の群れが描かれる。左手前に描かれた埋葬の見物者の波であろう。あるいは胸を打って慟哭し、あるいは顔に両手をあてて嘆き悲しむ。小さな亡骸は抱きかかえられ、いままさに、シャベルで掘られた地に葬られようとしている。

「カンナニの埋葬」。題名にある「カンナニ」とは幼子のことである。

作者・全和凰自身が書いた小説「二つの太陽」に収録された「カンナニの埋葬」の一部を引用する。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)