Facebook

SNSで共有

〈続・朝鮮近代史の中の苦闘する女性たち 16〉独立運動家の妻・李愛羅

李愛羅は、独立運動家の妻として波瀾多き道を歩み、ついには日警の悪辣な拷問により息絶えた女性である。

夫婦で教師

彼女は、ソウルで李チュンシクの3女として生まれた。別名、李愛日羅、李心淑ともいう。

梨花学堂を卒業後、母校の教師として在職中、忠清南道牙山出身の独立運動家、李圭甲と出会い1914年、20歳で結婚した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)