Facebook

SNSで共有

〈開城・世界遺産登録へ-その歴史遺跡を訪ねて 7〉善竹橋

鄭夢周の高麗朝への忠節讃える

開城を訪れる人は多くの場合、開城市の中心部に位置する子男山からほど近い子男山ホテルで旅装を解くであろう。子男山は標高104mほどの山である。子男山という名は、開城のシンボル松嶽山の息子という意味だという。その松嶽山を背後にした子男山の頂上からは市内の景色が見渡せる。子男山ホテル入り口前方の小川に石橋が架かっている。その石橋こそが世界遺産の候補であり、高麗史上有名な歴史遺跡である善竹橋である。その橋は、高麗王朝に忠実であった名高い学者にして政治家でもあった鄭夢周が李成桂一派によって暗殺された石橋である。また、善竹橋のすぐ近くには、鄭夢周の高麗王朝への忠誠を称えた表忠碑もある。善竹橋や表忠碑を訪ねるには、開城城の南大門の楼門を観てから行く場合もある。南大門から東へ1キロほどの近さで、開城市善竹洞に所在する。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)