Facebook

SNSで共有

〈教室で〉東京中高 高級部 日本語・呉幸徳先生

「言葉の力」 育て思考力養う

在日朝鮮人が日本で生活していくうえで必要不可欠な言葉が日本語である。

東京都北区の東京朝鮮中高級学校(高級部)で日本語の授業を受け持つ呉幸徳先生(35)は、「在日の若者たちは、日本で生まれ育ったからといって正しい日本語を使えるとはかぎらない。現在、日本の若者たちが置かれている言語環境と言葉の乱れについては、日本学校の国語教師も大変憂慮している。彼らの心配は、同時代、同じ社会で暮らす朝鮮学校の生徒たちにも当てはまる」と指摘する。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)