Facebook

SNSで共有

〈月間メディア批評〉極右批判できない報道界

ジャーナリズムの衰退

2005年という年は、ジャーナリズムがさらに衰退し、権力批判機能をほとんど放棄した年であった。 朝日新聞が1月12日に報道した、安倍晋三衆議院議員らによる旧日本軍慰安婦制度を裁いた「女性国際戦犯法廷」に関するNHKの特集番組への検閲問題が、朝日以外のメディアによる朝日バッシングによって政治問題化せず、当の安倍氏が9月の総選挙後に内閣官房長官に就任するに至った。

私が調べたかぎり、安倍長官の就任会見や、「新閣僚に聞く」というインタビューの場で、安倍氏にNHKへの検閲疑惑に関して聞いたメディアは一つもない。朝日記者も質問していない。安倍氏は次期首相候補の最有力候補とされている。

安倍氏が圧力をかけたことによって放送直前に改竄されたNHKのETV特集番組をめぐる東京高裁の民事裁判で12月5日、松尾武・元NHK放送総局長が初めて証言台に立った。松尾氏は従来のNHKの主張の線に沿って慎重に証言した。松尾氏は「番組が4本とも一つの素材で、法廷を中継するものだという誤解が政治家の間であったので、誤解を解くために安倍氏らに会った」「番組が当初からの企画から外れていたので企画通りにするためだった」などと述べたが、苦しい言いわけだった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)