Facebook

SNSで共有

〈60周年を迎えた朝鮮学校の現場から〉東京第1初中、卒業生の自慢「愛校心がチェイル」

「愛国心がチェイル(第1)」「地域同胞の愛がチェイル」「勉強がチェイル」「サッカーがチェイル」…東京朝鮮第1初中級学校の卒業生たちはこぞって「チェイル」自慢を語る。分野はさまざまだが、東京第1卒業生としてのプライドは変わらない。中でも際立つのが「ハッキョサラン(愛校心)がチェイル」だった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)