Facebook

SNSで共有

〈人物で見る日本の朝鮮観〉南次郎(上)

南次郎(1874~1953)は軍人にして政治家である。陸軍士官学校卒業後、騎兵少尉に任官以後、騎兵の実戦部隊の一員として日露戦争に出陣、大尉の身をもって功四級の金鵄勲章を授与された。その南が1930年、陸軍大将となり、翌年、陸軍大臣になる。そして、宇垣一成の後任として、朝鮮総督に親任される。時期は1936年8月から1942年5月末までの6年間である。この稿では、南の6年間にわたる総督時代の朝鮮統治政策の要所、要所で吐かれた言わば政策的提言を中心に、その朝鮮認識を追ってみたい。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)