Facebook

SNSで共有

〈人物で見る日本の朝鮮観〉宇垣一成(下)

宇垣は、非常に自負心の強い男である。それに、実に筆まめで、軍務多忙の中で「随想録」というぼう大な「日記」を3大冊も遺している。この「日記」によれば、日本国は、必ず自分を必要とする時が来ると信じている。彼は、総理大臣になって、日本を苦境から救うつもりであった。つまり、宇垣は政治的軍人である。

宇垣は若い時から、陸軍中枢部の要職を歴任し、後に五代の内閣で陸相をつとめた。陸軍大臣5回というのは宇垣が初めてであろう。彼は中佐の時、陸軍近代化のための各兵科操典類の改定にあたったり、大佐の時、陸軍省軍務局軍事課長として、当時実現が難しいとされた朝鮮常駐の二個師団増設に力を割いた。

そのほか、シベリア出兵問題、国家総動員問題、郡民一致問題などに関与するが、なかでも有名なものは「宇垣軍縮」であろう。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)