Facebook

SNSで共有

〈日本の過去を告発する〉富山県に強制連行された金龍福さん(77)

「生き残ったのは41人だけ」

1943年10月、小学校を卒業した私は、日本人が15~18歳までの青少年労働者を募集する「広告」を平壌で見かけた。そこには、「待遇もよくさまざまな面で優待される。専門技術を身につけ、1年後には朝鮮に帰ってこられる」と書かれていて、私を含む62人の少年たちが富山県に渡った。

私たちは、アルミニウム精錬工場(軍需工場)である昭和電工株式会社に連れて行かれ、翌日には「入所式」が開かれた。私たちの前には、警察官や憲兵、工場の幹部らしき日本人が並んで座っていた。そのうちの工場の幹部らしき日本人が、「お前たちは今日から県人徴用令によってここで働かなければならず、逃亡を企てた場合は軍法にしたがって厳罰に処す」と言った。その時になって私たちは騙されたことに気づいた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)