Facebook

SNSで共有

〈そこが知りたいQ&A〉新潟県本部、記念館の固定資産税減免撤回訴訟の第1回口頭弁論が行われたが

総聯新潟県本部と祖国往来記念館に対する固定資産税及び都市計画税減免措置を新潟市が撤回、課税したことを不当だとして、総聯県本部と祖国往来記念館管理会が起こした訴訟(3月25日)の第1回口頭弁論が5月23日、新潟地方裁判所で行われた。この日の弁論では李主炫・総聯新潟県本部委員長が陳述した。第1回弁論が行われたのを機に、この問題についてQ&Aで見る。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)