Facebook

SNSで共有

〈日本の過去を告発する〉羅南19師団に「徴兵」された趙寅化さん(80)

「戦争で廃人になった」

私の一家は、代々咸鏡南道北青郡リャンガリで暮らしてきた。6歳の年、叔父が3.1運動に参加したという理由で一家の全財産が差し押さえられた。このため私の家族は食べられなくなり、離れ離れになってしまった。しかし、翌年故郷で河川工事が行われたのを機に家族が集まり、工事の仕事をしながら細々と暮らしていた。工事が終わった後、両親は小作農として働き、私は牛追いをしながら稼いだ金で小学校に通い卒業した。

卒業後は清津製鉄所の溶鉱炉建設に強制動員された。工事現場では毎日2~3人の朝鮮青年たちが命を落とした。当時、日本人は少年たちを「徴用」で連行し、一定の歳になると「徴兵」していった。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)