Facebook

SNSで共有

〈日弁連勧告書 4〉「治安維持法」人権救済申立事件

第5. 認定した事実と理由

1. 認定した事実

(1)朝鮮総督府への就職

申立人は、1924(大正13)年10月17日に朝鮮半島で生まれた。1925(大正14)年、父徐錫斗氏が来日し、京都府綾部市青野の舞鶴鉄道の飯場で働き始めた。1933(昭和8)年2月、申立人は父を訪ねて母親と来日し、綾部市での生活を始めた。尋常高等小学校を卒業し西宮市立西宮商業学校に入学したところ、同校の同級生に、金圭元がいた。同校の三年生のときに、「創氏改名」が行われ、申立人の氏名は「徐元洙」から「達川元一」に変わった。申立人は、同校卒業後、1943(昭和18)年2月、朝鮮総督府に就職し、同府官房文書課で働き始めた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)