Facebook

SNSで共有

〈朝鮮近代史の中の苦闘する女性たち〉飛行士・権基玉

権基玉は、今から約80年もの昔空を飛んだ朝鮮の女性パイロット第1号である。

父の道楽による貧しい家庭環境の中、12歳になってようやく小学校に入学した彼女は、1917年16歳のとき、平壌の上空で行われたアメリカの飛行士アート・スミスによる飛行ショーを見学、自分も将来必ず飛行士になろうと夢見た。

小学校卒業後、平壌の祟義女学校に編入した彼女は、教員・朴賢淑の勧めで秘密決死隊「松竹会」に加わり独立運動に身を投じた。1919年3.1独立運動では積極的に活動、やがて逮捕され6カ月の実刑を被った。それでも1920年8月、平壌青年会女子伝道団を組織、全国を巡回講演しながら秘密工作を展開した。警察はついに再拘束令状を発給した。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)