Facebook

SNSで共有

〈人物で見る日本の朝鮮観〉雨森芳洲(上)

江戸期、朝鮮通信使は12回来日しているが、この通信使との接触という点で雨森芳洲(1668~1755)ほど、接触回数の多さと接触時間の長かった人物は他にいない。また、世に現れた少なからざる芳洲に関する評伝、史伝の類を見るに、芳洲を以て、終始一貫、江戸期随一の朝鮮理解者(よい意味で)とするのが定評となっている。

しかし、私はこのような雨森芳洲評価の定着の仕方にいささか疑問を持っている。確かに芳洲は対馬藩の儒臣として朝鮮との外交を担当し、朝鮮とは「互いに欺かず、争わず、真実を以て交り候」を「誠信と申し候」(『交隣提醒』)と、「誠信の交り」を説いた人物として特筆すべき存在である。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)