Facebook

SNSで共有

〈関東大震災-朝鮮人虐殺から80年〉埼玉で写真展「尊」開催

埼玉で行われた写真展

埼玉で行われた写真展

関東大震災朝鮮人虐殺80周年に際し10~11日、埼玉大宮ソニックシティ地下展示会場で写真展「尊」(写真で綴る朝鮮と日本の歴史)が開催され、600人を超える同胞と日本市民らが観覧した。同実行委(委員長=廉瀚・埼玉県青商会会長)が企画したもの。

「尊」という言葉には、命の尊さ、互いに尊重、民族の尊厳を守り、それを知るという意味が込められている。埼玉県では関東大震災時の1923年9月1日の夕方から2日にかけて、東京からの避難者が「今、上野の山では日本軍と朝鮮人との内乱が起きて、機関銃はなる、爆弾ははねるやで、日本はつぶされる」といった朝鮮人に関する流言を広げ、川口、大宮、桶川、熊谷、県北地方などで虐殺が始まった。その数は322~400人といわれる。観覧者の感想文の一部を紹介する。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)