Facebook

SNSで共有

〈朝鮮近代史の中の苦闘する女性たち〉作家・姜敬愛(上)

姜敬愛は、植民地時代の朝鮮を代表する女性作家である。当時、文人と呼ばれた女性のほとんどが裕福な家庭に生まれ、また日本留学をも経験したが、姜敬愛の場合はまったく違う。

貧しい農民の娘に生まれ、4歳の時、父を亡くした彼女は、生活のため再婚した母につれられ、故郷黄海道松禾から継父の住む長淵で幼年期を過ごした。彼女はここで義理の兄姉の冷遇を受けることになるが、しかし将来彼女が作家として生きるきっかけをつかむことになる。

それは、継父の書棚にあった「春香伝」との出会いである。これが彼女にハングルと小説に興味を持たせる直接的な動機となる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)