Facebook

SNSで共有

〈若きアーティストたち 9〉チャンセナプ奏者・崔栄徳さん

南北朝鮮と日本を股に掛ける

ロン毛に茶髪、ネックレス。長袖Tシャツに花柄プリントのシャツを重ね着して、一見「イマ風」。

崔栄徳さん(28)は、金剛山歌劇団のチャンセナプ奏者。若手ソリストとして歌劇団の看板を飾っている。

チャンセナプは民族楽器のセナプを現代風に改良したもので、音域が広く、音色はやわらか、民族楽器の花形とされている。今年の全国ツアーでは、朝鮮曲「渓谷」のほか、日本の癒し系音楽「風笛」を披露した。真っ白なスーツに身を包み、観衆を優雅に音楽の世界へ導いていく。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)