Facebook

SNSで共有

〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 4〉「中国式の姓使用」は誤り/起源と変遷(2)

わが国の最近の史料研究によると、古朝鮮には「王受兢(ワンスク)」という人物がいたこと、また裵(ペ)・裴氏の一族は、檀君時代に朝鮮南部へ移住して広まったことなどが確認されている。

ここに登場する王氏と裵氏は、漢字で表記されてはいるものの、明らかに古朝鮮の姓氏のひとつであって、むろん中国のそれではない。

こうした視点で見て行くと、「三国史記」や「三国遺事」にも、興味深い事例がいくつか浮かび上がってくる。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)