Facebook

SNSで共有

南北共同宣言、感激!トンポ社会

山口・山口支部

総聯山口・山口支部が22日、同支部で歓迎の集いを開いて、録画ビデオを放映、祝杯をあげた。集いに参加した余孝奎顧問(80)は「この間、あまりにも感激し、血圧が上がって大変だった。多分、金日成主席も天国で喜んでいらっしゃることだろう」と話していた。

佐賀・佐賀支部

総聯佐賀・佐賀支部でも20日、同事務所で歓迎の集いを開いた。(写真)

総聯支部の沈昌考委員長(60)は「分断され55年の月日が過ぎても民族の悲劇が続いたので、もう統一は無理だと思っていた。急に光が見えた気分だ」と感激した様子だった。

愛媛県本部

総聯愛媛県本部は19日、四国朝鮮初中級学校の運動場で「歴史的な平壌対面を祝い、南北共同宣言を支持歓迎する集い」を開き、160人の同胞が集まった。

統一旗がはためくなか、同胞たちは焼き肉を食べながら、歌や踊りに興じた。同胞たちは、「統一列車が走る」に合わせて輪になって踊り、「我らの願い」を合唱した。その瞬間、花火が打ち上げられるなど、会場は同胞たちの喜びで沸き上がった。

(朝鮮新報)